住む場所のアクセスは

次のポイントは⑧交通アクセスの問題についてです。

これにはいくつかの前提条件が含まれると思います。
それによって居住する地域が決まってくるようです。

公共の交通アクセスが悪いところだと、マイカーによるアクセスになり、公共の交通機関での利用が難しくなります。
免許を持っていない、あるいはマイカーを持っていない方などはこの点は無理が生じます。

ですので、交通アクセスの問題をクリアしないと、いくらよい賃貸物件だからと言って、公共交通機関を使う場合、近くの駅やバス停までに徒歩で30分以上もかかるとなると、考えものですね。

その第1条件である交通アクセス法をどの手段を使うのかによって住む地域と場所が決まるようです。

次に来るのが勤務先との関係です。
やはり勤務先に近いほど、その通勤は楽ですよね。
まず、通勤圏内の条件が、自宅から何分以内というのを設定することから始めた方が良いでしょう。
通勤時間ほど苦になることはありません。
ですので、まずは勤務先に近く、交通アクセス圏内にあるかなどを見極める必要があるでしょう。

次に来るのが、前述の新婚カップルの新居になる賃貸物件です。
これも、勤務先へのアクセス時間を優先した方がいいと思います。
しかしながら、もう一つの利便性もあります。

それは、どちらか親の実家近くに住むという方法です。
これは何かと重宝します。
子供が生まれたときなど、いざというときに親に面倒を見てもらったりして、その存在は大きいものがあります。
近くにいると、色んな意味で援助してくれることも多いようです。
その点はとても助かりますよね。

独身なのか、家族がいるのか、また、マイカーによる移動なのか、公共交通機関による移動なのかでその賃貸アパートなどの場所の選定が変わってきます。

後から「やはり不便だ」ということがないためにも、しっかりと検討されるのがよいでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 損しない賃貸物件の選び方・住み方 All Rights Reserved.