契約内容を知る

自分の住みたい物件が見つかり、賃貸料も予算の範囲内、そして現場の下見にも行き、気に入ったとします。
そうなると実際に住むための賃貸契約を結ぶことになります。

その際の注意点などをココではいくつか上げておきたいと思います。

まず一番大事なポイントは費用が毎月どれ位かかるかです。
当然毎月の賃貸料金が発生します。
それだけで住むことができればよいのですが、管理費とか共益費などの名目で毎月別途でその費用がかかるケースがあります。
ですので、それが設定してある賃貸物件の場合は、その費用も含めたところでの金額が毎月の賃貸料と考えておいたほうがよいでしょう。

それから、契約時にかかる費用もあります。その種類はいくつかあります。

○敷金
この敷金は、部屋を退去するときに、借りた時の原状に戻すため、それにかかる費用に充てます。
通常2ヶ月分をとっているところが多いようです。
実際にかかった費用の差額を戻し入れてくるケースと、戻らないケースがあるようです。
その費用が敷金以上の金額となった場合は、逆に請求が来る場合があります。

○礼金
契約金と考えた趣旨のものです。
これは、契約にかかわる費用として、請求されるものなので、後で戻るといったものではありません。
通常は賃貸料の1、2ヶ月分です。
ただ、不動産業界にサービス競争の激化からか、最近ではこの礼金を請求しないケースが多くなっています。
借りる側にとっては、とても助かりますよね。

○仲介手数料
これは賃貸物件を貸し主が直接扱っている物件なのか、または不動産会社が貸し主と借り主の間に入って賃貸契約などの仲介をする場合に発生するものです。

ですので、取引形態をよくチェックしてみる必要があります。
この取引形態が貸し主の場合は、仲介手数料が不要となるので、そのような物件を探し当てるのが賢明です。

そして仲介手数料が明記されている場合でも、交渉すれば割引してくれるケースもあるので、上手く交渉してみることも大事になります。

○火災保険
これも賃貸している物件の保険です。
通常は賃貸料の約1~1.5ヶ月分ぐらいのようです。


大体以上が毎月の賃貸料とは別途かかる費用また、契約時にかかる費用となります。
ですので、賃貸物件を借りる場合は、その契約時の費用も捻出しておく必要があるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 損しない賃貸物件の選び方・住み方 All Rights Reserved.