引越の条件とは①

次に新しい二人の新居となる賃貸物件に住むことになりますが、そのような物件を探す方法などがあれば知っておきたいですよね。

引っ越し先を決める上での条件を出してみることから始めます。
①誰と住むのか
②どこに住みたいのか
③いつ引っ越すのか
④どのような方法で引っ越すのか
⑤引越は身内で済ますのか、それとも業者に依頼するのか
⑥間取りの希望はどうなのか
⑦付帯設備の最低条件はどうなのか
⑧交通アクセスの問題は
⑨毎月の賃貸料の予算はいくらか

などが挙げられると思います。

①は当然新婚のお二人さんです。
②は、例えば男性の勤務先に近いところを選ぶのか、旦那さんの実家に近いところか、また、奥さんの実家に近いところか、など二人で検討し、交通アクセスのことも考えながら、効率のよい場所を選ぶ必要がありますね。

③はそのタイミングです。
結婚後直ぐに新しい住居で暮らしたいのか、暫くしてからなのか、などを検討します。通常は結婚後は二人で暮らすことになるので、そのタイミングに合わせた賃貸物件探しを早めに行った方が良いでしょう。
何故かというと、気に入った賃貸物件は、直ぐに見つかるケースと、思うように見つからないケースがあるからです。
時季的なケースもありますが、そのような期間の余裕を持って物件探しをスタートする方が無難です

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 空いている部屋を旅行者の宿泊施設として貸し出すことでセカンドビジネスとしても人気のあるAirbnbを代行してくれる業者を探しているなら、空き部屋を運用して欲しい方も空き部屋を探して欲しい方のどちらにもメリットが出るような提案をしてもらえるのでお勧めです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 損しない賃貸物件の選び方・住み方 All Rights Reserved.